小学生対象の英会話レッスンでは個別指導が当たり前?2020年目前の英語教育の現場を案内

小学生を対象とした英会話教室でのレッスン状況


小学生に英会話を習わせたいとお考えの親御さんは少なくないと思います。今後はますます必要となるスキルと言われている英語能力。早めに身につけさせたいですよね。2020年から小学校での英語教育が改定されることも決まり、「早く良い英会話教室を探さなくちゃ」と焦っている親御さんも多いのではないでしょうか。

こうした世の中の変化を受けて、街中にも子どもたちに英会話を教えるスクールがたくさんオープンしています。ではどんな英会話スクールがあるのでしょうか。
日本人の先生が英会話を教えてくれるスクールもありますし、外国人の先生が教えてくれるスクールもあります。またたくさんの生徒さんに対して先生がひとりというスクールもあれば、個別指導が基本という教室もあります。
テキストやカリキュラムなどを独自で研究・開発しているスクールなどもあります。では、どんなスクールを選ぶことが大切なのでしょうか。

 

英会話教室ごとに異なる指導方法


先にもご紹介したように英会話教室は教室ごとに指導方法がまったく異なります。そこで、指導方法が優れているスクールを選ぶ必要があります。
学習塾や家庭教師なら、「子どもと相性の良い教室・先生」を選ぶ親御さんが多いでしょう。またお子さんの学習レベルに合わせて選ぶことも必要ですよね。
英会話教室は、どんな指導方法を採用しているところを選べばよいのでしょうか。それを知るにはま ず、英会話を学ぶということを理解する必要があります。

英会話とは、英語を使ったコミュニケーションを取ることです。英語を話す人々と、英語で意思疎通することです。英語を話せるということは、単に英単語を正しく並べられるということではありません。日本語で話す時と同じように自分の考えを相手に伝え、相手のことを思いやる発言ができるということです。


日本で行われていた従来の英語教育では、「英語を聞き、英語で考え、英語で答える」というレベルまで到達するのはかなり難しいことでした。円滑なコミュニケーションをとるためには、頭の中でいちいち英語から日本語、そして英語へと翻訳している時間はありません。
そこで重要になるのが、「英語でコミュニケーションをはかること」を目標に指導している教室を選ぶということなのです。

 

小学生の英語授業で大切なことはどんなこと…個別指導の意味


では、小学生の英語の授業で大切なことはどんなことでしょうか。
まずは、一刻も早くスタートすることが大切です。中学進学が近づいてから「英語の授業についていけるように」とスタートするのではなく、できるだけ早いタイミングで英会話のレッスンを始めることがスムーズな習得につながります。
英語には母音だけでも16から20個もの音があると言われています。それに対して日本語は「アイウエオ」の5音しかありません。日本語にはない音、日本語よりはるかに微妙な音の違いを聞き取り、それを自分で再現する必要があります。そういった音の違いを聞き取る能力は、子どもが幼いうちほど優れていると言われているのです。


中学校のテストで良い点数を取るための英語だけでは、英語文化圏の人々とコミュニケーションをはかることはできません。英会話を本当に使えるレベルまで磨きあげるには、ネイティブが話す英語をできるだけ多く聞き、実際にコミュニケーションを取りあうことが必要なのです。


もちろん英単語を覚えることも重要です。さらに必要なのは、英語を単語で使用するのではなく、その場のシチュエーションに合った英文がすらすらと出てくるスキルです。そのためには大人数でのクラスで学ぶのではなく、できるだけ個別指導に近い形で先生とコミュニケーションが取れる環境が必要です。小学生の英語の授業で大切なことは、ネイティブとの会話をできるだけたくさん経験できて、英語の基本スキルをきちんと学べるカリキュラムが組まれていることと言えるでしょう。
また小学生になると知的好奇心が旺盛になり、「なぜ?どうして?」といった疑問もどんどん湧いてきます。それに答えられる日本人のスタッフによる、手厚いサポートがあることもポイントです。

 

2020年から大きく変わる小学生の授業内容では英語授業が必須に


英語の基本スキルは、「聞くこと」「話すこと」(やり取り、発表)「読むこと」「書くこと」です。その5つの領域と4つのスキルがバランスよく学べることが、小学生の英語の授業では重要になります。特に聞き取る力と話せる力は、コミュニケーションを取るために必要不可欠です。さらに中学校からの本格的な英語教育では、読むこと・書くことがぐんと難しくなってきます。



2020年からは、小学校高学年から英語の授業が本格的にスタートすることになっています。新たな授業への取り組みをスムーズにするためには、今から基本の5つの領域と4つのスキルを学べる授業を行っているスクールで学び始めることがおすすめです。
現在も、小学校・中学校ではネイティブの先生が定期的に授業を行い、英語によるコミュニケーションをはかる体験が重視されています。中学校の英語では、昔よりもはるかにリスニングが重視されるようになり、受験でもその傾向は顕著です。
それらの授業内容の変化すべてが、教科書英語を覚えることではなく、英会話スキルをアップさせることを目的とした教育方針によるものと考えられます。


今後ますます広がるグローバル社会に向けて、英会話スキルは非常に身近なものになっていくことは間違いありません。子どもたちが「勉強」としてではなく、「とても役立つコミュニケーションツールのひとつ」として楽しく英語と出会えるスクールを選ぶことが大切ですね。

関連記事一覧

最新の記事