英会話教室って結局どんなところを基準に選んだらいい?小学生から習わせたい英会話教室の決め手を教えて。

最近増えてきた英会話教室・・小学生にあった英会話教室はどんなところ


最近、英会話教室が増えてきたと感じたことはありませんか。街のなかのあちこちで見かけるようになりましたし、テレビやネットのCMでもよく目にしますよね。
なぜこんなに英会話教室が増えてきたのでしょうか。グローバル社会で活躍できる人材を育てるためということはもちろん、2020年にスタートする新たな小学校の英語教育課程に対応するためといえるでしょう。

現在も小学校高学年では英語教育が行われています。定期的に外国人の先生と触れ合い、ネイティブの英会話に触れるという経験が中心の授業です。
しかし2020年からスタートする英語教育は小学3年生から始まります。そして小学5年生からは、成績がつく教科としての授業が始まるのです。
さらに最近注目されるようになったリスニングとスピーキングスキルが、今後はさらに重視されていくと考えられます。
それらを考え合わせると、小学生にあった英会話教室は、リスニングとスピーキングスキルをアップさせる実力のあるところが良いと言えますね。

 

小学生のうちから英会話をやっておいた方がいいのはわかるがどこで習わせたらいいのか?


小学生のうちから英会話を習うことには、大きな意味があります。それは英語と日本語の差、そして英語の特性に関わっています。英語には日本語に無い発音が多く存在し、それを聞き分ける能力は若ければ若いほど高いとされているからです。
さらに英語をマスターするためには、長い時間と経験が必要です。そのため、早くからスタートした方が、子どもへの負担やストレスを軽減させることができるのです。



リスニングとスピーキングスキルは、聞き分ける能力が無ければ身につきません。そのためには、ネイティブの講師とたくさん英語でコミュニケーションをとることがおすすめです。しかし小学生ともなれば、理屈で理解できないと覚えられないこともたくさんあります。そんな子どもたちの理解を深めるために、段階的なカリキュラムと日本人スタッフによるサポートが受けられる英会話スクールで習わせることがポイントとなります。
ジョイトークでは、小学校時代はリスニングスキルや正しい発音など、英会話の基礎をしっかり育む大切な時期と考えています。そこでネイティブの外国人教師と日本人のスタッフが力を合わせ、子どもたちひとりひとりとコミュニケーションをはかりながら授業を進めていきます。

 

英会話教室ごとに異なるそれぞれの特色


英会話教室やスクールはたくさんありますが、それぞれ特色が異なります。外国人講師とのレッスンが特長の教室は多いですし、今でも受験英語や英検合格に強い教室は人気があります。
また個別レッスンか大人数のクラスで勉強するかなどでも、環境はかなり違ってきます。その点も踏まえて、英会話教室を選ぶと良いでしょう。
ジョイトークでは独自のカリキュラムを組んで指導に当たっています。また身近な英会話を「英文」で受け答えできるようにスピーキングに慣れさせていきます。
外国人教師の発音をシャワーのように聞き続けることでも、聞き取る力は養われます。さらに「フォニックス指導」も行っています。フォニックス指導とは、アルファベットそれぞれが持つ音と組み合わせで発生する「発音」の関係を、学習させる指導方法です。これにより、英単語の読み書きがぐんと上達していきます。


ジョイトークでは英語のスキルを「聞く力」「話す力」「読む力」「書く力」の4つに分けて考えています。それらをバランスよく学べるようにカリキュラムが組まれ、文法などを学ぶオプション授業も用意されています。
小学生は非常に好奇心旺盛で、いろいろな知識を吸収する力にすぐれた時期です。そこで身近な表現や文章をたくさん聞いてインプットし、場面に合わせてどんどんアウトプットするという学習を繰り返し行います。
また2020年に向けて、小学校5~6年生くらいで現在の中学1年生レベルの教科書が読めるように学習を進めていきます。

 

小学校でならっている英語と英会話教室で習う英語はどこが違うのか?


小学校では現在、英語に触れる経験が重視されています。成績はつかないため、中学校のような教科としての授業ではありません。あくまでも外国語や外国の文化に触れることがメインで、「ならし期間」のような時間です。



2020年からの英語学習は、おそらくリスニングやスピーキングが重視されると思われます。しかし教科として成績がつくため、今の中学校で行われている授業のような形が主となると考えられます。試験で良い点を取ることが大きな目標のひとつです。
それに比べ、英会話教室で教える英語は「生きたコミュニケーション」です。感覚として英語を理解し、英語の問いに英語で即座に答えられる「コミュニケーションツール」としての英会話です。外国人教師の気持ちを考えたり、自分の思いを伝えたりすることを繰り返しながら、読み書きも同時に学んでいきます。学校の試験や英検で良い点を取ることにもつながりますし、将来的にビジネスシーンなどで英会話が必要になった時に生きてくる、本物のスピーキング&リスニングが身につきます。
「英会話って習わせるべきなのかな?」とお悩みの方々、まずは気になる教室を見学してみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

最新の記事