小学生から英会話を初めたほうが良い?これからのグローバル社会で活躍していくために英会話は必須スキル

社会に出たら絶対差がつく英会話スキル


みなさんは、日常生活で「英語が必要だ」と感じることはありますか?普段の生活の中ではあまり感じていないように思われるかもしれませんが、英語が必要なシーンは日常の中にけっこうたくさん潜んでいるのです。

たとえばインターネットを使っている時、リンクしようとしたページにうまく飛べない時などに英語のメッセージが表示されることがありますよね。また海外のアプリやソフトをダウンロードすると、チュートリアルが英語だったりすることがあります。
現在はネット通販が非常に人気ですが、海外のユーザーと個人的にやり取りをし、個人輸入や輸出をしているという方もいるのではないでしょうか。そこでちょっとしたトラブルなどが発生したら、説明などのやりとりは当然英語が中心になるでしょう。
一昔前までは「外資系企業にでも勤めないかぎり、英語を話す機会なんてほとんどない」とスルーできていた英会話スキル。しかし現在では、ごく普通の日常の中にまで英語が浸透しています。


これがビジネスシーンになったらどうでしょうか。現在は企業の公用語が英語というところも珍しくありません。海外出張があったり、国際電話での問い合わせや外国人のお客様がいらっしゃったりすることも日常茶飯事になっています。
さらにボランティアの世界でも、英語は欠かせないスキルとなりつつあります。実際に2020年に行われる東京オリンピックでは、英語を話せるボランティアの存在は欠かせないですよね。
このように、これからの社会は英会話のスキルが「あって当然」となっていきます。そんな世の中で英会話が苦手だと、活躍できるシーンがどんどん限られてしまうでしょう。就職活動の段階で、エントリーできる企業が少なくなることも予想できます。

 

IT業界では最新情報のほとんどが英語の記事で掲載されている


実際にIT関連業界では、世界の最新情報のほとんどが英語で書かれた記事によって紹介されています。英語を読解できなければ、翻訳されるまで待つか、翻訳ツールを介して理解するしかありません。しかし翻訳ツールが完璧なものではないことを、利用したことがある方ならよくお分かりではないでしょうか。翻訳にはその言語の持つ細やかなニュアンスを読み解く力が必要になります。しかし翻訳ツールはそこまで繊細な読解力を持っていません。



IT業界だけではありません。医学や科学の世界などは、すでに英語で論文を書くことが当たり前になっています。大学に行けば、たとえば国文科や日本史学科であっても、論文のタイトルを英語でつけることを要求されることはよくあります。また、海外の研究者が日本について書いた論文は、もちろん英語です。英語を読解する必要性は、どんな業界であっても出てくると言ってよいでしょう。

 

世界の情報を知るためには英会話や英語の能力が必要


今後の社会を創り、動かしてゆく今の子どもたちは、グローバルな活躍が当然求められてきます。日本国内の経済や農業、病理・疫学、科学技術など、あらゆる分野で世界各国の情勢やさまざまな要因――気候変動や戦争・紛争の勃発、インフレやデフレ、病気の流行などが密接に関わっています。文学や文化の分野でさえ、世界情勢の影響を色濃く受けています。日本の企業に勤めたり、日本国内に活躍の場を求める場合でも、成功をつかむためにはまず最新の世界情勢を知らなくてはなりません。

刻一刻と変化する世界情勢の「今」をしっかり把握しておくためには、英会話や高い英語読解能力などが必要不可欠です。今後の社会でやりがいのある仕事に就き、活躍し、さらに家族と自分の安全を守るためにも英語の能力は身につけておきたいスキルです。
では、こうした高い英語能力はいつごろから身につければ良いのでしょうか。

 

小学生のころから英語に慣れ親しんでおくことでグローバル社会でも安心して生活できる


英語の能力は、まず「聞き分ける力」を伸ばすことが大切です。聞き取る力・聞き分ける力を身につけることで、英語特有の発音もできるようになるからです。英語には日本語とは違う発音方法があり、日本人にとっては同じような音でも全く違った意味になります。


この「聞き分ける力」は、幼い子どもの方が優れていると言われています。子どもが小さければ小さい方が、聞き分ける力をアップさせることがたやすくなり、子どもにかかる学習の負担も軽くなるのです。
言語によるコミュニケーションが上達し、語彙が増えて複雑化していくのも小学生時代ですよね。英会話も同様で、ネイティブとできるだけたくさん接し、ネイティブの発音に触れながら楽しくコミュニケーションをはかることが早い上達につながります。

英語は中学生から、なんてのんびりしていると、あっという間についていけなくなってしまうことも考えられます。学校英語も、現在はリスニングやネイティブとの会話が非常に重視されています。中学生になって周囲から遅れないためにも、小学校のうちにできるだけ早く英語に慣れ親しみ、生きた英語を身につけて欲しいですね。

関連記事一覧

最新の記事